Local Community地域の方へ

地域の方へ

地域ケアこころの診療所

Local Community地域の皆さまへ

精神疾患について、ご家族や地域の皆さまに理解を深めていただくことは、私たち医療スタッフの役割の1つだと感じています。それが、当事者の方への理解や対応力を高めるだけではなく、また、皆さま自身のメンタルヘルス、こころの健康の維持や向上にもつながるのではないかと考えております。

地域ケアこころの診療所

当院では、待合室を活用し、当事者の方だけではなく、家族や支援者、
地域の方も参加できるような話し合いの場やグループ活動、教室を開催しております。

そこは、あらゆる立場をこえて、
つながり、交流できる場でもあります。

皆様の参加をお待ちしております。

WRAP(らっぷ・元気回復行動プラン)クラス

WRAP(らっぷ・元気回復行動プラン)クラス

WRAPとは、Wellness(元気)Recovery(回復)Action(行動)Plan(プラン)の頭文字をとったものです。毎日を元気で豊かに生きるため、また、調子をを乱すような状況への気づきを高め、元気に向かうことを促してくれる、自分で作る、自分のための行動プランです。WRAPクラスでは、ファシリテーター(進行役)を中心に、参加者皆で学び合ったり、意見を出し合ったりしながら自分のプランを作っていきます。

せたがや当事者研究

せたがや当事者研究

北海道浦河町の「べてるの家」で、生きづらさをかかえた当事者の生活経験の蓄積から生まれた自助(自分を助け、励まし、活かす)と自治(自己治療・自己統治)のツールです。当事者、家族、支援者など、どの立場の方も参加可能なオープンな会です。

からだにスキマをつくる こころにヨハクをつくる

からだにスキマをつくる こころにヨハクをつくる
(ヨガを取り入れた心身の調和を目指すプログラム)

ひとことで言えば「上虚下実」を目指します。現代の生活は、どうしても上半身にエネルギーが溜まりやすくなっており、下半身が弱く地から足が浮いているような状態です。自力で緩めていくことが難しいところは、他力を借りてペアで行います。部分的に詰まりをとって、全体をハタヨーガののポーズでつなぎ整えます。「身心一如」:身体と心がつながり統合された時のありのままのものの見方を育て、「からだ」から発露される身体感覚を繰り返し磨き認めていく事で、存在としての「自分」をただ実感し味わいます。

ピラティス体験レッスン

ピラティス

ピラティスとは、身体をまんべんなく動かし、鍛え、ストレッチすることで、こころととからだの健康を手助けするエクササイズです。自分のからだに対する理解が増えれば、気持ちもこころもすっきり、コントロールしやすくなるかもしれません。

当事者会も開催しております。

陽だまり(統合失調症当事者の集い)

陽だまりは、統合失調症を患う人達が安心して心の中を話せる居場所です。悩みをひとりで抱え込まず、仲間たちに気軽に打ち明け、一緒に分かち合ってみませんか。語ることは、回復につながると聞きます。自分の心の内を話、仲間の思いに耳を傾け、共にリカバリーを目指しましょう。

コモジョ cafe ひきこもり女子会

自分の「居場所」がない、苦しさを話す相手がいない。そんな悩みを抱えるひとと時間・空間をシェアして、「聞く」こと、「話す」ことで、こころをラクにしませんか。対象は、女性のひきこもり当事者・経験者、生きづらさを感じている方です。

TOP